Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

人気ゴルフクラブ、ゴルフ用品、全国送料無料!

人気ゴルフクラブ通販サイトへ ようこそ!低い価格、高い評価。信頼できる激安ゴルフクラブです!

golfoffjp.com キャロウェイ アイアン xr選びの基礎知識

かつて、アイアンは ピッチング·ウェッジから 3番アイアンまでの 8本セットで売られたが、近年は 5番アイアンまでの 6本セットで売られるものが多くなっており(6番や 4番アイアンまでの 5本や 7本セットもあるが)それらのクラブを 状況(打ちたいショットの距離や弾道)に応じて使い分けるように作られている。

例えば、ピッチング·ウェッジをフル·ショットをしたら 120 ヤード、5番アイアンなら 170ヤードといった具合で(その飛距離は 個人の能力によって異なるが)通常は 平均的な男性 ゴルファーなら 1番手が 概ね 10 ヤード刻みになるよう作られている。

つまり、ピッチング·ウェッジから 4番アイアンまでの 7本セットがあれば 120ヤードから 180ヤードを打ち分けられるという発想であるキャロウェイ アイアン xr

f:id:golfoffjp:20170421130238p:plain


チェック項目 リスト
アイアン選びで 重要なことに まずは ヘッドの見た目がある。つまり、構えて 打つことを考えた時に 打ち易そうという 安心感を持てる フェースのクラブを選ぶことが 大切だ。

その意味では ヘッドの大きさや ソール幅、グースネックの度合い (FP値) などがポイントで 幅広ソールの大き目なヘッドで グースネックのクラブが(誤った常識と言っても過言でないが)初心者には オススメだと言われる。

一方、当然ながら、構えた時の見た目だけ良ければ OK と言うものではない。クラブを振った時のシャフトと ヘッドの感触や ボールを捉えた時の確り感、イメージ通りの弾道になるかなども 重要なポイントになる。

そうした観点から 下のチェック·リストに挙げたような ある意味 見た目以外のアイテムについても どんな仕様のものが 自分に合うのかを理解した上で 総合的に判断して 正しいスペックのクラブを選ぶことが重要だxr アイアン

石川遼、トップと6打差の44位タイgolfoffjp.com人気 ゴルフ ドライバー

米男子ツアーのシェル·ヒューストン·オープンが現地時間30日、テキサス州ゴルフクラブ·オブ·ヒューストンを舞台に開幕。マスターズへの最後の切符をかけた戦いに石川遼が挑む。

 石川は前半7番パー3でティーショットを池に入れボギー、1オーバーで後半を迎えるが、12番、13番で連続バーディ。15番でもバーディを奪い、トータル3バーディ、1ボギーの2アンダー70とし44位タイ。石川にとってマスターズ出場権獲得が懸かっているこの試合、2日目以降で巻き返しなるか人気 ゴルフ ドライバー

 一方、単独首位に躍り出たのはファウラー。バックナインからスタートしたファウラーは10番で幸先よくバーディを奪うと、12番から3連続バーディ、16番でもバーディーを奪い前半5アンダー。後半もスコアを3つ伸ばし、トータル8バーディー、ノーボギーのラウンドとなった。

 

f:id:golfoffjp:20170310150723p:plain



 首位と1打差単独2位にカン·スンホン(韓)、2打差3位タイにスチュワート·シンク(米)、ジョナサン·ヴェガス(ベネズエラ)、カイル·スタンレー(米)、3打差6位タイにはジャスティン·ローズ(イングランド)、キーガン·ブラッドリー(米)らが続いている。

 ジョーダン·スピース(米)は3アンダー30位タイ、優勝予想トップのジョン·ラーム(スペイン)は1アンダー66位タイ。2011年優勝者のフィル·ミケルソン(米)はイーブンパー86位タイ、ヘンリック·ステンソン(スウェーデン)は2オーバーの111位タイと少し出遅れている。

その他にも、同大会で決勝に進出したジョン·ラーム(スペイン)、ジャスティン·ローズ(英)らにも注目。また、今大会の優勝者には翌週に迫ったマスターズ(4月6日~4月9日/ジョージア州オーガスタ·ナショナルGC)出場権が与えられる。昨季大会ではジム·ハーマン(米)が最終日に「68」をマークして、ゴルフの祭典への切符を掴んでいるゴルフ ドライバー 評価

ゴルフ ドライバー 優勝したアーニーGOLFOFFJP.com

11月に太平洋クラブ御殿場コースで行われたワールドカップで、壮絶な優勝争いを制した南アフリカチーム。全米オープン優勝2回のアーニー・エルスと、今年の全米オープンに優勝したレティーフ・グーセンのペアは、優勝候補のアメリカチームに引けをとらないと前評判は高かった。そして、ジュニア時代から共に戦ってきたエルスとグーセンのチームワークは、土壇場で起死回生のイーグルを奪ったのだゴルフ ドライバー

しかし、今シーズンこれまでのエルスは勝てそうで勝てない試合が続いた。シーズン当初、メルセデスでは2日目に首位に立ちながらその後伸ばせず。ソニーオープンでも3位。そして、翌週のフェニックスオープンでは、1年半ぶりの予選落ちを喫した。2位が1回、3位が5回もあるのだが、優勝はゼロ。1994年から7年間続けてきた、年間1勝以上の記録が途絶えるピンチを迎えていたのだ。

f:id:golfoffjp:20170310150723p:plain

ワールドカップはチーム戦のため、個人での優勝が欲しかったエルスは、昨年まで2年連続で優勝しているネドバンク・チャレンジで初日から首位に立ち、3連覇と連続優勝記録更新が見えてきた。しかし、最終日、猛チャージを見せたS.ガルシアに追いつかれ、プレーオフで敗れてしまった。

そのエルスが12月6日から9日まで南アフリカケープタウン、ロイヤルケープGCで行われた南アフリカ・ツアーのヴォダコム・プレーヤーズ選手権でついに優勝したゴルフ クラブ ドライバー

最終日首位に6打差と遅れをとっていたエルスだったが、前半6ホールで5バーディ(31)の猛チャージ。結果65の通算15アンダーで逆転優勝した。エルスは「自分が勝てたのは精神面で安定したため、先週のプレイオフで負けた後にスポーツ精神科医に十分なセラピーをしてもらったおかげだ」と語った。

テーラーメイド m2 ドライバーの試打&評価と飛ぶ理由

プロでも評判の「テーラーメイド m2 ドライバー」を試打しました。その評価と感想をレビューします。

このドライバーは実によく売れていて、世界のツアーのトッププロが「M1」から「m2 ドライバー」に移行してるとの情報もあります。全米飛ばし屋NO.1のダスティン・ジョンソンがツアーで使用してるのがテレビ中継でも確認できますね。

先日M1ドライバーを試打しましたが、「m2 ドライバー」を打たずして購入できないと思い、この日が来るのを楽しみに待っていました。

f:id:golfoffjp:20170320151933p:plain


ソールの形状はシンプルです。大きめの「スピードポケット」が目を引きますが、「M1」や「R15」のようなウエイトをスライドさせる「トラックシステム」がありません。

ソール形状は、むしろ「GLOIRE F」にそっくりです。

打ってみると、確かにスイートエリアが広い。低スピンで高弾道が打てます。よく飛ぶ。ビッグキャリーが出やすい。非常に柔らかい感触で、クラウンのグラファイトが、よく機能している感じがします。飛距離も方向性も驚きです。「M1ドライバー」よりもさらに低重心でワイドスイートエリアになっていますね。サイドスピンもかかりづらいので高弾道で曲がらない球が打てます。よくつかまるんですが、つかまりすぎず、右にすっぽ抜けることもありません。シンプルにスイングすれば自然に高弾道になる感じ。

 

f:id:golfoffjp:20170320151936p:plain

オリジナルシャフトは軽量で柔らかめなので、バリエーションが増えるのを期待します。

極端にウエイトをずらして球筋を変えたいような方は「m2 ドライバー」の方がいいかもしれませんが、オリジナルシャフトを選択してウエイトトラックシステムが必要じゃないゴルファーには「M2ドライバー」が絶対にオススメです。


やはり、最近の傾向で低重心、ワイドスイートエリア、軽量化が進んでいるように思います。ちょっと気になったのは「グローレF」にそっくりなんです。グローレFの試打レビュー 可能ならば一度「M2ドライバー」と「グローレF」を同じシャフトで打ってみたいです。

 

なんとなく、この両者で迷うような気がするのです。ガチンコで迷うのはキャロウェイのグレートビッグバーサドライバーです。Callaway GREAT BIG BERTHA ドライバー はプロにも評判がいい

 

f:id:golfoffjp:20170320151940p:plain

日本のプロからアマまで非常に評判がいい「GLOIRE F」は日本オリジナルのブランドなので、同じような商品をグローバルに展開するために「m2 ドライバー」というブランドで売り出したのではないかなと思いました。

日本のエース、golfoffjp.com片山晋呉が貫禄のツアー10勝目

          サントリーオープン最終日は台風の影響もあり、時より強い雨の降る悪コンディションとなった。そして上位陣は粘りのゴルフでスコアを伸ばし混戦状態が続いたが、雨の中14、15番で連続バーディを奪った片山晋呉が抜け出し、16アンダーで優勝したgolfoffjp.com

   中盤は芹澤信雄が片山をとらえ、D.クラークも10番パー5でイーグルを奪い首位に並んだ。しかし、クラークは続く10番でミスショットが連発し、ダブルボギーを叩いた。芹澤も12番パー5でボギーを叩き片山との差が開いてしまった。 8アンダーからスタートした深堀圭一郎もスコアを伸ばしてきた。

f:id:golfoffjp:20170310150723p:plain

   スタートの1番でボギーを叩いた深堀だが、その後は12番パー5までに6つのバーディを奪い13アンダーまで伸ばした。また、ジャンボ尾崎も12番で、この日3つ目のバーディを奪い13アンダーまで伸ばしたのだが、13番でボギーを叩き12アンダーにしてしまった。

    終盤は追いかける選手がスコアを伸ばせず苦しむ中、終始マイペースにゴルフをした片山が”自分のゴルフ”に徹してスコアを伸ばし続けた。17アンダー、2位グループに4打差で最終ホールに入り、最後はボギーになってしまったが、危なげないゴルフで今シーズンの3勝目、ツアー通算10勝目を飾った。